税理士 松土郁元 のブログ


プロフィール

松土 郁元

Author:松土 郁元
昭和45年4月2日生まれ、おひつじ座、B型、横浜生まれ、小田原(神奈川)、藤枝(静岡)育ちの42歳です。やっとのことで、娘を授かり、育児真っ只中です。
平成7年税理士法人トップ会計事務所の前身、増山会計事務所に入社してから17年が経過致しました。
平成18年4月に税理士法人トップ会計事務所 浜松事務所の責任者から平成21年12月に川崎中央事務所の責任者として戻って参りました。「自ら出来ることを精一杯やる」をモットーに、スタッフの皆と出せる力を精一杯出して、頑張る所存です!



カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



全ブログのタイトル表示

全タイトルを表示



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ翻訳



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


めざせ株主優待生活!
日本銀行が、短観のような統計指標と異なり、国民の生活者としての意識や行動を聴取するためのアンケート調査「生活意識に関するアンケート調査」を10月1日付けで公表しました。そこに景況感や暮らし向き等を国民がどう見ているのかをみると、以前として景気については、変わらない(46.9%)と悪くなった(47.4%)という結果で、両者を足すと、94.3%と好転していません。さらに、1年後どうなるのかという問いにも、変わらない(63.1%)という結果でした。また、暮らし向きについても、ゆとりがなくなってきた(51.1%)とどちらとも言えない(44.4%)という予想通りの厳しい経済情勢が続いています。

そのような中、少しでも生活の足しになればという感覚で、私は現在も、株式投資を行っております。
株式投資歴は10年くらいになります。当初は、勉強のために始め、現在もリーマンショック以降の負けが続いて、オ○クル等の含み損が数百万にもおよぶ散々な成績です。株式投資でご参考になることはないかもしれませんが、その投資歴の中で株主優待について、今回は気ままに記してみたいと思います。

初歩的なお話をしますと、まず「株主優待」を受けるにはどうするかです。当然のことですが、優待を行ってる企業の株主になる必要があります。闇雲に買ってもダメで、権利確定日と言われる日に、株主である必要があります。日本の企業は3月決算が多いので、例えば、3月31日が権利確定日だとすると、少なくとも3営業日前までにその企業の株を購入して、31日に株主である必要があります。その結果、権利が確定され、優待品が6月ぐらいに株主名簿に記載された住所に届けられます。株主優待の品物として、食品やお米、自社製品、割引券、グルメ券、クオカード、図書カード等があります。

私のおすすめ優待株NO.1は、日本マクドナルドです。先週、自宅に優待券が送られてきたばかりです。100株もしくは200株の保有株主には、マックのバリューセットをどれでも選べる優待食事券1冊(6セット)、300株もしくは400株の保有株主には 優待食事券3冊、500株以上の保有株主にはなんと優待食事券5冊もついていますから、5冊×6セット=30食分も食べれます。妻もマクドナルドが好きなので、とても重宝しています。

次に私のおすすめ優待株NO.2は、100円ショップのキャン・ドゥです。 1株以上の保有株主で20枚(2,100円相当)、3株以上の保有株主で40枚(4,200円相当)、5株以上の保有株主で60枚(6,300円相当)、10株以上の保有株主で100枚(10,500円相当)を送ってくれます。今の100円ショップは、本当に何でも購入できるんじゃないかと思うほど、多種多様の商品を取り揃えているので、これも大変、我が家の家計に貢献しています。

私のおすすめ優待株NO.3は、明治ホールディングスです。100株以上の保有株主で 明治製菓・明治乳業製品詰合せ 2,000円相当、300株以上の保有株主で 明治製菓・明治乳業製品詰合せ3,500円相当、500株以上の保有株主で 明治製菓・明治乳業製品詰合せ 5,000円相当の自社製品をもらえる優待株です。これがランクインさせたのは、私の父が長年、勤めていた会社であったことと、妻も私もチョコ好きだからです。

これら以外にも、自社製品を送ってくれるダイドードリンコ、伊藤園、アサヒビール、ライオン、小林製薬。毎年地方の特産品(リンゴ)を送ってくれるサンデー。カラオケのルームの代金や飲食代金の支払いとして充当できる優待券を送ってくれるシダックス。ビックカメラやソフマップで利用できるお買物優待券を送ってくれるビックカメラ。主に安楽亭(焼肉店)で飲食できるお食事券を送ってくれる安楽亭。どれもこれも、我が家で重宝する株ばかりです。

今後、購入したいと思う株主優待がある会社が、二社あります。一社目は、オリエンタルランドです。ディズニーランドかディズニーシーのどちらかのパークで利用可できる1デーパスポートを年2回もらえます。うちの家内がディズニー好きなので、フル活用できそうです。もう一社目は、東急レクリエーションです。最低1000株以上の保有で、自宅近くにある109シネマで、年間18回も映画を鑑賞できます。どちらも、我が家のレクレーションに最適な株といえましょう!

ちなみに、一言税法のお話をすると、給与所得者であって他の株主優待を含むそれら別の収入が20万円を超える場合、雑所得として確定申告が必要です。しかし、私の場合、そこまで優待だけの金額ではいかないのが現状ですけど。。。




スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。