税理士 松土郁元 のブログ


プロフィール

松土 郁元

Author:松土 郁元
昭和45年4月2日生まれ、おひつじ座、B型、横浜生まれ、小田原(神奈川)、藤枝(静岡)育ちの42歳です。やっとのことで、娘を授かり、育児真っ只中です。
平成7年税理士法人トップ会計事務所の前身、増山会計事務所に入社してから17年が経過致しました。
平成18年4月に税理士法人トップ会計事務所 浜松事務所の責任者から平成21年12月に川崎中央事務所の責任者として戻って参りました。「自ら出来ることを精一杯やる」をモットーに、スタッフの皆と出せる力を精一杯出して、頑張る所存です!



カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



全ブログのタイトル表示

全タイトルを表示



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ翻訳



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「信用保証制度」について
借入に関するもので、「信用保証制度」について、前のブログに記載したものを載せます。

内容的には、保証料の区分や平成19年10月から開始された責任共有制度や保証料・利子の補助制度について、言及してみようかと思います。

●信用保証料率の体系の変更
全国の信用保証協会の信用保証料は、平成18年4月1日保証申込受付分から、従来、年1.35%の一律料率だった信用保証料が、企業の経営状況により、0.5%~2.2%の範囲で、以下のように9区分の信用保証料率の体系にされています。

区分 ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨
保証料率 0.5% 0.7% 0.9% 1.1% 1.35% 1.6% 1.8% 2.0% 2.2%

上記の9つの区分のうち、どの区分に当該企業が該当するかは、中小企業信用リスク情報データベース(Credit Risk Database)によるスコアリングシステムに入力することで、区分されます。

また、1.35%が従来の一律料率であったため、それが平均的な中小企業のものであり、それよりも料率が低ければ低いほど収益や資産が安定した優良企業ということになります。逆に、それよりも高い料率であれば、数年赤字で、資産内容も悪化している企業ということになります。

さらに、以下のいずれかに該当すれば、信用保証制度の割引制度があります。
・日本税理士連合会作成の「中小企業の会計基準適用に関するチェックリスト」を提出した場合。
・有担保保証の場合。
上記基本料率から0.1%を割引した料率が適用されます。

●責任共有制度の導入
従来、信用保証協会が保証人となる融資については、融資金額の100%全額を信用保証協会が保証してきました。

しかし、平成19年10月1日保証申込受付分から、信用保証協会と金融機関とが適切な責任分担を図るため、「責任共有制度」が導入され、融資をした金融機関が信用リスクの20%相当額を負担することになりました。

原則として、すべての保証が責任共有制度の対象となりますが、一部の特別保証制度については、従来どおり、100%保証協会が保証されています。
主なものを以下に列挙しておきます。
・経営安定関連保険(セーフティネット)1から6号にかかる保証
・創業関連にかかる保証
・小口零細企業保証制度にかかる保証

責任共有制度導入後の保証料体系は以下の通りです。
区分 ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨
責任 0.45% 0.60% 0.80% 1.00% 1.15% 1.35% 1.55% 1.75% 1.90%
共有保証料率

対象外
保証料率 0.50% 0.70% 0.90% 1.10% 1.35% 1.60% 1.80% 2.00% 2.20%

ちなみに、責任共有制度の対象となっている保証については、原則として、信用保証料は責任共有対象外の保証に比べ低率となっています。


●保証料・利子の補給制度
各自治体の制度保証では、保証料や利子の補助がある場合もまれにあります。

各自治体の制度融資には、小規模企業融資、経営安定化融資、経営改善融資、多角化事業転換融資、事業活性化融資、資金繰り円滑化融資等があり、静岡県と神奈川県や東京都等でも名称が異なり、様々です。

また内容は制度ごと、毎年変更があるので、お住まいの市区町村や都道府県の関係窓口や商工会議所で最新のパンフレットを入手して、ご確認頂けるとよいかと思います。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。