FC2ブログ
税理士 松土郁元 のブログ


プロフィール

松土 郁元

Author:松土 郁元
昭和45年4月2日生まれ、おひつじ座、B型、横浜生まれ、小田原(神奈川)、藤枝(静岡)育ちの42歳です。やっとのことで、娘を授かり、育児真っ只中です。
平成7年税理士法人トップ会計事務所の前身、増山会計事務所に入社してから17年が経過致しました。
平成18年4月に税理士法人トップ会計事務所 浜松事務所の責任者から平成21年12月に川崎中央事務所の責任者として戻って参りました。「自ら出来ることを精一杯やる」をモットーに、スタッフの皆と出せる力を精一杯出して、頑張る所存です!



カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



全ブログのタイトル表示

全タイトルを表示



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ翻訳



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


交際費になるのか?
古くて、新しい話題として、交際費に該当するかどうかという問題があります。
今回は、交際費になるのかどうか、具体的な事例を三点ほどあげますので、ぜひお考え頂き、適正な経理処理をして頂けばと思います。
 
第一問です。
ご存知のように、平成18年4月1日以後開始する事業年度から、1人当たり5千円以下の飲食(社内飲食費を除く)について一定の要件の下、交際費から除外される改正(措法61の4・68の66)がされました。ちなみに、一定の要件とは、①飲食などの年月日、②参加者の氏名・関係及び人数、③利用した飲食店の情報等を記載した書類を保存しており、社外の人物を接待するような場合です。一見したところ、緩和されたように感じますが、上記の要件を具備した書類を保管しなければ、除外されません。

そこで、飲食等のために要する費用として、①テーブルのチャージ料やサービス料、②飲食物の持ち帰りに要するお土産代、③飲食店までの送迎費用、これらは交際費になる飲食等の行為に該当するでしょうか?

答えからいいますと、①と②の費用は「1人当たり5,000円以下の飲食費」に該当しますが、③の送迎費用は、通常、飲食などのために飲食店に対して、直接支払うものでもないので、その送迎費自体は交際費になり、この1人当たり5,000円以下の飲食費の額の算定にあたって加算する必要はありません。

第二問です。
これはなかなか難しい問題です。問題の意図としては、飲食をされる方が誰なのか?あるいは一次会か二次会か?これによって、変わります。それでは、問題です!「会社でやる社員の忘年会における二次会の費用」です。これはどうでしょうか?

「忘年会」あるいは「新年会」として食事会などを慣例にしている会社さんはたくさんあろうかと思います。こうした費用を会社で負担した場合、基本的には福利厚生費で処理します。職場における社員の基本的生活にかかわる費用と認められているからです。しかし、二次会や三次会にかかった費用を会社負担した場合、これは「交際費」扱いです。自社の社員に交際費というのは、変な感じもしますが、税務上の取り扱いできっちり区分されています。ちなみに、前提条件で、社内飲食費に該当しますので、この1人当たり5千円以下の飲食についての問題にはなりません。
同様に、従来から交際費等に該当しないこととされている会議費等(会議に関連して、茶菓、弁当その他これらに類する飲食物を供与するために通常要する費用)についても会議費のままです。

第三問です。
第二問からの派生問題と考えてみてください。
一次会・二次会など連続した飲食などの行為が得意先の方と行われた場合、1人当たり5,000円以下の飲食費の判定はどうなるでしょうか?

答えからいいますと、全く別の業態の飲食店などを利用しているときなどは、それぞれの行為に係わる飲食費ごとに1人当たり5,000円以下であるかどうかで判定を行います。つまり、飲食店等が変われば、また新たに5,000円基準で判断してよいということです。

第二問・第三問から、その飲食等に参加した事業に関係のある方の氏名と関係がいかに重要かわかるかと思います。今回、「交際費になるか」とういう問題をクイズ形式で、三問載せてみました。ご参考になることがあれば幸いです。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。