FC2ブログ
税理士 松土郁元 のブログ


プロフィール

松土 郁元

Author:松土 郁元
昭和45年4月2日生まれ、おひつじ座、B型、横浜生まれ、小田原(神奈川)、藤枝(静岡)育ちの42歳です。やっとのことで、娘を授かり、育児真っ只中です。
平成7年税理士法人トップ会計事務所の前身、増山会計事務所に入社してから17年が経過致しました。
平成18年4月に税理士法人トップ会計事務所 浜松事務所の責任者から平成21年12月に川崎中央事務所の責任者として戻って参りました。「自ら出来ることを精一杯やる」をモットーに、スタッフの皆と出せる力を精一杯出して、頑張る所存です!



カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



全ブログのタイトル表示

全タイトルを表示



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ翻訳



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


取引金融機関はどこがよいか?
取引金融機関はどこがよいか」と題して、創業して間もない企業や事業経歴を何年か経た企業がどんな金融機関を利用したらよいかについて、言及しようかと思います。過去に書いたブログを一部訂正・加筆しています。

●創業時に利用する金融機関
私どもが、法人の設立から支援させて頂いた企業様には、「日本政策金融公庫(国民金融公庫)の融資制度」をご紹介させて頂いています。

創業企業には、一定の要件をクリアする必要がありますが、無担保・無保証人で、融資限度額が1,000万円の「新創業融資制度」があります。
日本政策金融公庫(国民金融公庫)のHP
 http://www.k.jfc.go.jp/yuushi/atarasiku/04_shinsogyo_m.html をご参照ください。

また、保証人や担保(不動産、有価証券等)を提供できれば、設備資金で、最大7,200万円(うち運転資金 4,800万円以内)を借りることができる新規開業資金があり、また、同じ融資限度額で、「女性、若者/シニア起業家資金」は、事業開始後、概ね、5年以内の女性の方や30歳未満の若者や、55歳以上の中高年の起業を支援しているものもあります。
  
日本政策金融公庫は、預金業務は一切無いため、融資のみが、実行されます。このことは、他金融機関と異なり、定期預金の協力(見返り預金)は一切不要ということを意味します。さらに、返済期間が5年から7年という期間で、基準金利 + 1.2%と比較的低金利かつ固定であるという特徴があります。
  
●事業基盤がある程度できた時に利用する金融機関
事業経歴が何年かすると、地域密着型の中小企業専門金融機関である地元の信用金庫の利用を検討します。

それ以外に、地方銀行や第二地方銀行も積極的に対応するとよいかと思います。私どもでは、地方銀行である「横浜銀行」や第二地銀である「静岡中央銀行」を積極的にご紹介しています。

ちなみに、信用金庫(信用組合)は営業地域が限られているため、信用金庫のHP等でご確認してみて下さい。あと、信用金庫(信用組合)は組合員組織なので、組合員となって、出資金を出して、取引を始めるのが原則です。

以下は「横浜信用金庫」の創業支援資金の例です。

・対象:横浜信用金庫の営業区域内で新たに創業を計画している事業者および創業1年以内の事業者。
・資金使途:創業に必要な運転資金および設備資金。
・融資限度額:5,000千円以内
・融資期間:7年以内(元金据置期間を含みます)。
・金利:固定金利 
・返済方法:毎月の元利均等・元金均等返済(元金据置期間6ヶ月可)
・保証:法人…原則、代表者、個人…原則、生計を共にしてる協力者1名(配偶者など)
・担保:原則として 不要

                                (H22.9.27現在)

今回は、借入に関するブログ、「取引金融機関はどこがよいか?」と題して、主に初期に起業された方をターゲットに、記載してみました。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。