税理士 松土郁元 のブログ


プロフィール

松土 郁元

Author:松土 郁元
昭和45年4月2日生まれ、おひつじ座、B型、横浜生まれ、小田原(神奈川)、藤枝(静岡)育ちの42歳です。やっとのことで、娘を授かり、育児真っ只中です。
平成7年税理士法人トップ会計事務所の前身、増山会計事務所に入社してから17年が経過致しました。
平成18年4月に税理士法人トップ会計事務所 浜松事務所の責任者から平成21年12月に川崎中央事務所の責任者として戻って参りました。「自ら出来ることを精一杯やる」をモットーに、スタッフの皆と出せる力を精一杯出して、頑張る所存です!



カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



全ブログのタイトル表示

全タイトルを表示



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ翻訳



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相手の立場になることの難しさ。
基本的に、一週間に一回はブログを書こうということで、トップ会計のHPが再スタート致しました。最初の一週間は毎日、更新したのですが、次の週は何かと忙しくバタバタしていたら、あっという間に月末になってしまいました。

今日は、何気なくあった昨日の出来事です。
昨日もいつものように電車に乗って、南町田のお客様のところにお伺いした際のことです。たまたま、シルバーシートが空いていたので、そこに座ったところ、次の駅で、杖をついた初老の老人が私の斜め前に来ました。私は、杖をついている方で、私がシルバーシートに座っているわけですから、当然、お譲りしないといけないという想いから、すぐに席を立ち「どうぞ」と声をかけました。

その初老の老人は、「リハビリにもなるし、次の次の駅で降りるので、そのままお座りください。」とのこと。ちょっと気まずい雰囲気になりましたが、それ以上強く、言うこともできずにそのまま座り続け、下車する駅で席を立ちました。

私として良かれと想ってしたことも、相手にしてみたら、余計なお節介とまではいいませんが、そのままにしておいてくれという想いなのでしょう。席を譲るという簡単なことでさえ、なかなか相手の立場になっていないのですから、まして他のことはもっとむずかしいです。

相手の立場になって、自らの想いをうまく伝えることの難しさを、改めて思い知らされました。
現在、私は川崎中央事務所の責任者として、浜松から戻って参りました。私一人で、出来得ることには限りがあります。私は、この限られたなかで、自ら出来ることを精一杯やろうと思っております。スタッフの皆と出せる力を精一杯出して、頑張る所存です。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。